大阪及び大阪近郊で相続や贈与、相続の手続きなら、大阪の相続サポートサイト.infoをご利用ください。

大阪の相続サポートサイト.info

  • 運営会社
  • お問合せ
  • サイトマップ
相続や相続税、贈与について考えている方、大阪及び大阪近郊の税理士や会計事務所が、サポート支援いたします。

こちらのホームページは、相続や贈与、相続税について考えている方、相続についていろいろと検討している方、また、大阪府の大阪及び大阪近郊で、税理士や会計事務所を探している方々向けに作成し、公開している情報サイトです。

大阪及び大阪近郊で、相続について

相続について

相続とは、人の死亡によって、被相続人(亡くなられた方)の財産上の法律関係(権利義務)をすべて、その人の子や妻など一定の身分関係にある人(相続人といいます)が受け継ぐということです。
つまり、相続とは、被相続人(亡くなられた方)に属していた権利義務が、包括して相続人に承継されることをいいます。
被相続人(亡くなられた方)から相続人に受け継がれる財産のことを、相続財産、または、遺産と呼び、引継ぐ相続財産には、土地、建物、現金、銀行の預貯金のみならず、知人へ貸付金や、売掛金などの債権も相続の対象になります。

相続とは、人の死亡によって、被相続人(亡くなられた方)の財産上の法律関係(権利義務)をすべて、その人の子や妻など一定の身分関係にある人(相続人といいます)が受け継ぐということです。
つまり、相続とは、被相続人(亡くなられた方)に属していた権利義務が、包括して相続人に承継されることをいいます。
被相続人(亡くなられた方)から相続人に受け継がれる財産のことを、相続財産、または、遺産と呼び、引継ぐ相続財産には、土地、建物、現金、銀行の預貯金のみならず、知人へ貸付金や、売掛金などの債権も相続の対象になります。

民法の条文によって、相続は、人の死亡によって開始します。

民法の条文による失踪宣告とは、

  1. 不在者の生死が7年間わからないときは、家庭裁判所は利害関係人の請求により、失踪の宣告を為すことができるとされています。
  2. 戦地に行った者、沈没した船にいた者、生命の危険を伴う災難に遭った者の生死が、戦争終了後や船の沈没後、自然災害などの災難が去った後、1年間不明なときは、前項と同様の措置をとることができるとされています。

また、上記から民法の条文による失踪宣告の効力は、失踪の宣告を受けた者は、失踪から7年目に死亡したものとみなして、規定により失踪の宣告を受けた者は、危難が去ったときに死亡したものとみなすとされています。

民法の条文による相続開始の場所は、被相続人(亡くなられた方)の住所において開始するとされていますので、これは、相続人の住所ではないので、注意をする必要があります。

相続と遺贈、死因贈与の違いについて

相続
相続は具体的に何かをすることもなく、相続人が、被相続人(亡くなられた方)の死亡によって、被相続人(亡くなられた方)のプラスの財産やマイナスの負債も、全て譲り受けることを相続と言います。
遺贈
被相続人(亡くなられた方)から、遺言によって、相続人やその他の人に財産を贈与することを、遺贈と言います。
死因贈与
生前に被相続人(亡くなられた方)と贈与契約をして、その効力が贈与者の死亡により効力が発生することを死因贈与と言い、この時、事前に贈与者と受贈者の間で合意がなされていなければなりません。

詳しくは、大阪及び大阪近郊で、相続についてのページでご確認下さい。
詳しくは、大阪の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

大阪及び大阪近郊で、相続人の調査について

相続人の調査

相続人を確定するために、相続人の調査をする必要があります。法定相続人は人が亡くなった時、残された財産の分け方でトラブルにならないように、相続人になれる人、その相続人の順位などが法律で決められており、相続人になれるのは原則として、身内に限られて、まず、配偶者はいかなる場合でも相続人となります。

相続人の範囲と法定相続分

相続人の範囲や法定相続分は、民法で次のとおり定められています。

相続人の範囲
死亡した人の配偶者は常に相続人となり、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人になります。
  • 第1順位
    死亡した人の子供、その子供が既に死亡しているときは、その子供の直系卑属(子供や孫など)が相続人となります。子供も孫もいるときは、死亡した人により近い世代である子供の方を優先します。
  • 第2順位
    死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)、父母も祖父母もいるときは、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します。第2順位の人は、第1順位の人がいないとき相続人になります。
  • 第3順位
    死亡した人の兄弟姉妹で、その兄弟姉妹が既に死亡しているときは、その人の子供が相続人となります。第3順位の人は、第1順位の人も、第2順位の人もいないとき相続人になります。

尚、相続を放棄した人は初めから相続人でなかったものとされます。

また、内縁関係の人は、相続人に含まれません。

※相続人の範囲と法定相続分、「相続を放棄した人」
「相続を放棄した人」とは、(自己のために)相続の開始があったことを知った時から、3ヶ月以内に家庭裁判所に相続の放棄の申述をした人のことをいいます。相続の放棄の申述をしないで、事実上、相続により財産を取得しなかった人はこれに該当せず、相続を放棄した人にはなりません。

※嫡出子(ちゃくしゅつし)と非嫡出子(ひちゃくしゅつし) について
嫡出子とは、婚姻の届出をした夫婦の間の子、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものことをいいます。
非嫡出子とは、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子どものことをいいます。
母親と非嫡出子は分娩の事実によって親子関係は証明されますが、父親との親子関係は父親が認知して初めて生じます。
したがって、認知された非嫡出子だけが相続人となり、また、非嫡出子の相続分は嫡出子の半分です。(2013年10月現在、法律改正の動きがあります)

詳しくは、大阪及び大阪近郊で相続人の調査についてのページでご確認下さい。
詳しくは、大阪の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

大阪及び大阪近郊で、相続税

相続税
相続は原則として、人の死亡によって開始し、そして、相続人は相続開始の時から、被相続人(亡くなられた方)の財産に関する一切の権利義務を承継することになります。
但し、扶養を請求する権利や文化功労者年金を受ける権利など、被相続人(亡くなられた方)の一身に専属していたものは、相続として承継されません。
相続
相続は原則として、人の死亡によって開始し、そして、相続人は相続開始の時から、被相続人(亡くなられた方)の財産に関する一切の権利義務を承継することになります。
但し、扶養を請求する権利や文化功労者年金を受ける権利など、被相続人(亡くなられた方)の一身に専属していたものは、相続として承継されません。
遺贈
遺贈とは、被相続人の遺言によってその財産を移転することをいいます。
(注) 贈与をした人が亡くなることによって効力を生じる贈与(これを死因贈与といいます。)については、相続税法上、遺贈として取り扱われます。
相続遺産とは
相続財産は、被相続人(亡くなられた方)の残した財産的な権利義務のすべてをいいます。権利とは、被相続人(亡くなられた方)の残した土地などの不動産、現金や預貯金、動産などのプラスの財産となります。
相続におけるプラスの財産
  • 不動産(土地・建物)
  • 宅地・居宅・農地・店舗・貸地など
  • 不動産上の権利
  • 借地権・地上権・定期借地権など
  • 現金・預貯金・有価証券
  • 小切手・株券・国債・社債など
  • 債権・貸付金・売掛金・手形債権・小切手など
その他
  • 株式・ゴルフ会員権・著作権・特許権など
  • 動産
  • 車・家財・骨董品・宝石・貴金属など

被相続人(亡くなられた方)の残したマイナス財産的な義務とは、被相続人(亡くなられた方)が生前に行った借金などの債務で、マイナスの財産です。

相続におけるマイナスの財産
  • 借金
  • 借入金・買掛金・手形債務・振出小切手などの支払債務
  • 公租公課
  • 未払の所得税、住民税、固定資産税など
  • その他
  • 未払費用・未払利息・未払の医療費などの債務
  • 保証債務
  • 預かり敷金・保証金など

このように、相続はプラスの相続財産だけではなく、借金や損害賠償債務、保証債務といったマイナスの相続財産も相続されます。相続で忘れてはならないこと、被相続人(亡くなられた方)から相続するということは、プラスの財産もマイナスの財産も、すべて含まれるということなのです。

詳しくは、大阪及び大阪近郊で、相続税のページでご確認下さい。
詳しくは、大阪の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

大阪及び大阪近郊で、相続税の申告

相続税の申告は、どのような方が必要かと言うと、被相続人(亡くなられた方)から相続、遺贈や相続時精算課税に係る贈与によって財産を取得した各人の課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額を超える場合、その財産を取得した人は、相続税の申告をする必要があります。

課税価格の合計額が、遺産に係る基礎控除額以下である場合には、相続税の申告をする必要はなく、特定計画山林のなどを適用することにより課税価格の合計額が遺産に係る基礎控除額以下となる場合には、相続税の申告をする必要がありますので、ご注意ください。

相続の基本的な計算は、遺産に係る基礎控除額
5,000万円+(1,000万円×法定相続人の数)で算式し、相続を計算します。

法定相続人の数

上記算式における法定相続人の数は、相続の放棄をした人があっても、その放棄がないとした場合の相続人の数をいいますが、被相続人(亡くなられた方)に養子がある場合には、法定相続人の数に含める養子の数については、次のそれぞれに掲げる人数までとなります。

  • 被相続人(亡くなられた方)に実子がある場合 1人
  • 被相続人(亡くなられた方)に実子がない場合 2人

例えば、相続人が実子1人、養子2人の場合には、相続人の数は3人ですが、法定相続人の数は、2人となります。また、相続人が養子3人のみの場合には、相続人の数は3人ですが、法定相続人の数は、2人となり、尚、特別養子縁組により養子となった人、被相続人(亡くなられた方)の配偶者の実子で、被相続人(亡くなられた方)の養子となった人、被相続人の実子、若しくは養子、または、その直系卑属が相続開始前に死亡し、または、相続権を失ったためその人に代わって相続人となった、その人の直系卑属(孫やひ孫)は、実子とみなされます。

相続税の申告にあたり、そもそも一般的に相続税とは、どのような財産にかかるのか確認しましましょう。相続税がかかる財産とは、相続や遺贈によって取得した財産です。

相続や遺贈によって取得したものとみなされる財産

(相続時精算課税適用財産は除かれます。)

相続税がかかる財産(相続税の課税対象となる財産)について、相続や遺贈によって取得した財産、相続税の課税対象となる財産は、被相続人(亡くなられた方)が相続開始の時において、有していた以下のもとなります。

土地、家屋、立木、事業(農業)用財産、有価証券、
家庭用財産、貴金属、宝石、書画骨とう、預貯金、現金

これらは金銭に見積もることができる全ての財産をいいます。そのため、日本国内に所在するこれらの財産はもちろん、日本国外に所在するこれらの財産も相続税の課税の対象となります。

尚、外国でその日本国外に所在する財産に対して、相続税に相当する税金が課されている場合には、外国税額控除が適用できる場合があります。但し、日本国内に住所がない一定の人の相続税の課税対象となる財産など、相続開始の時に日本国内に住所がない人については、相続税の課税対象となる財産の範囲や、相続財産から控除できる債務の範囲など、このサイトの説明と異なる場合がありますので、詳しくは、お近くの税務署にご確認下さい。

詳しくは、大阪及び大阪近郊で、相続税の申告についてのページでご確認下さい。
詳しくは、大阪の税理士・税理士会計事務所の一覧ページへ

サイト更新情報

2014.02.10
大阪の相続サポートサイト.infoを運営している、セカンドエイト(株)は、2月1日(土)に会社を移転しましたのでお知らせ致します。移転先の住所は、運営会社のページでご覧ください。
2013.11.15
ホームページを公開しました。
大阪の基本情報や、名物・名産・観光など
大阪市のあゆみや大阪の基本情報など
大阪の相続サポートサイト.infoは、大阪市のあゆみや歴史、大阪市の基本情報も紹介しています。
大阪市のあゆみ
大阪市の市政情報によると、大坂・大阪・おおさか、この地名のいわれは、いろいろな説がありはっきりとしていませんが、 室町時代、石山本願寺を建てた蓮如上人の御文章に書かれた「攝州東成郡生玉之庄内大坂」が、 文献に残る最古のものとされています。当時の文献には大坂とも小坂とも記され、いずれもオサカと発音されていたと思われます。江戸時代には、大坂三郷というように大坂が多く使われており、大阪も混用されてきましたが、明治10年ごろになって、ようやく「大阪」に落ち着いたようです。
2013年9月現在の大阪市の基本情報
大阪市の面積  約223km²
大阪市の世帯数 約140万  大阪市の総人口約267万人
男性約130万人  女性約137万人
大阪市の「木」と「花」
大阪市、市の木は「サクラ」で、大阪市の花は「パンジー」です。昭和62年に大阪市民のみなさんからの公募により決まったそうです。

ページの先頭へ

大阪及び大阪近郊で相続や贈与、相続の手続きなら大阪の相続サポートサイト.infoをご利用ください。